NPO法人 宮崎スポーツ振興会
ホーム
団体概要
団体概要
役員、所在地
貸借対照表
活動内容
活動内容
少年用竹バット
 推進プロジェクト
トピックス
サイトマップ
お問い合わせ
リンク集



■関連リンク

日本野球連盟
日本学生野球協会
日本野球機構
アオダモ資源育成の会
ボールパークドットコム
少年用竹バット推進プロジェクト
生目の杜運動公園
アイビースタジアム
ホーム >> 活動内容 >> 少年用竹バット推進プロジェクト

少年用竹バット推進プロジェクト

2013年7月1日より「少年用竹バット推進プロジェクト委員会」が活動を開始いたしました!

少年用竹バット推進プロジェクトとは?

野球を始める少年期から竹バットでの基礎トレーニングを積むことは、昔から多くの有名野球選手が実行している効果的な方法です。将来を見据え、世界大会で闘える選手育成基礎づくりの一環として、学童野球、中学野球の指導者や親御様向けに、少年用竹バットでの基礎トレーニング方法を提案し、全国の少年たちのバッティング技術の向上を目指すプロジェクトです。

〜「なぜ竹バット?」〜

■バッティング技術が格段に伸びる!

<ボールをバットの芯で捉えられるようになる>

竹バットの特徴として、ボールがバットの芯に外れて当たると、手がかなりシビれるという点が上げられます。
この特徴により、バットの芯で打つ感覚やバットの芯を意識したバッティング技術を習得することができます。

<正しいフォームが身に付く>

ヘッドの重みも竹バットの特徴の一つです。日々の練習でヘッドの重みを利用したスイングを繰り返すことで、バットスイングの正しいフォームを自然に身に付けることができます。

<スイングスピードが速くなる>

金属バットよりもバットのヘッドが重い竹バットで練習を繰り返すことで、スイングスピードの向上が期待できます。さらに、スイングスピードが速くなることにより、より強い打球を打つことができるようになります。

<有名プロ野球選手も使っていた>

元プロ野球選手の長嶋茂雄さんや清原和博さんも、子供の頃から竹バットを使ったトレーニングを続けていたそうです。(wikipediaより)
将来、プロ野球選手を目指すなら、少年時代から竹バットを使ったトレーニングを行い、他の選手より一歩先の技術を早いうちから身に付けておくのがおすすめです。

<体格に合ったバットが使える>

自分の体に合った竹バットを使うと、思い通りのバットコントロールができ、野球がもっと楽しくなると同時に、トレーニングもより効果的になります。
オリジナル竹バット製作を手掛ける、(有)ボールパークドットコム様(以下、敬称略)の全面協力で、12種類もの豊富なサイズを揃えることが可能になりました。お子様に合う竹バットが見つかる可能性大です。

■耐久性に優れていて経済的。消音性も高く夜間も使える!

木製バットは「すぐに折れる」という印象がありますが、竹バットは、木製バットの中では大変丈夫で折れにくいという定評があります。もちろん扱い方次第では、丈夫な竹バットも折れてしまいますが、安価で手に入れやすいため、コストパフォーマンスは大変高いと評価を受けています。

また、夜間練習においては、打球音が気になる保護者様もいらっしゃると思います。竹バットは消音性に優れており、夜間など時間を問わず練習に打ち込めます。

■竹バット基礎トレーニングをはじめる時期

子供の身体的な成長時期や発達のスピードは様々で、ましてや個々の成長を予測することは大変難しいことです。10歳前後の年齢で、「バランス能力」の基礎が作られ、中学生の12歳〜15歳の年代で「筋力」が充実するのが一般的な成長の段階と言われています。
竹バットトレーニングは、身体の成長段階の小学生・中学生の時期に、個々の身体の成長に合わせた、長さ・重さのサイズの竹バットをバッティングトレーニングに取り入れ、力任せに打ったりするような、偏った悪い癖を付けさせず、将来のバッティング技術向上に役立つ「正しいフォーム」を身に付けることを目的としています。

■元プロ野球選手 広澤克実さんも提唱!

ヤクルト・巨人・阪神で活躍いた広澤克実さんも、子供の頃から竹バットを愛用しトレーニングを積んでこられた方のお一人です。
そんな広澤さんにも「少年用竹バット推進プロジェクト」にご賛同・ご協力いただいております!

→(有)ボールパークドットコムのホームページをご覧ください

〜若いプレーヤーたちに懸ける想い〜

■バナーサポーターとしてのご協力をお願いいたします!

少年用竹バット推進プロジェクト委員会には、このプロジェクトを推進することを通して、より多くの次世代プレーヤーにバッティング技術の基礎を伝えたいとの想いがございます。

委員会では、本プロジェクトの主旨をご理解・ご賛同いただき、「推進プロジェクト専用バナー」をホームページに掲載頂けるチーム、団体、企業、個人の方を募集しております。

専用バナー
専用バナー
ホームページに掲載した例
  ホームページに掲載した例

※バナーを掲載頂くのに、費用は一切かかりません。

■バナーサポーター特典

専用バナーを掲載頂いたチーム、団体、企業、個人様には、掲載の御礼として心ばかりの特典を差し上げております。 専用バナーをクリックすると、(有)ボールパークドットコムの「少年用竹バット推進プロジェクト」ページにリンクされます。そこで少年用竹バットを購入いただくと、成果報酬として売上金の10%を還元するシステムになっております。

<例>
● 貴チームのホームページにアクセスした方が、当専用バナーをクリックし、ボールパークドットコムにおいて少年用竹バットを購入した。
● その後、数名の方が貴チームのホームページから専用バナーをクリックして、ボールパークドットコムにおいて少年用竹バットをそれぞれ購入した。
● バナーを通して購入した方々の購入代金合計が月末合計100,000円になった。(月末締め)
→→ 翌月に、貴チームに成果報酬10,000円(購入代金の10%)が振り込まれます。

※専用バナーからボールパークドットコムにアクセスし、購入代金が発生すれば、どなたのご注文でもバナーを掲載頂いた方に報酬は支払われます。

<注意>
バナーサポーターの成果報酬システムは、あくまでもプロジェクトにご賛同・ご理解いただける方々への特典にすぎません。
バナーサポーターとしてではなく、ビジネスとして「竹バット」取引をお考えの企業様は、お手数ですが、直接(有)ボールパークドットコムへお問い合わせください。

■お問い合わせ先

少年用竹バットに関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、竹バットを使った効果的なトレーニング方法や詳しい情報は、(有)ボールパークドットコムのウェブサイトをご覧ください。


<少年用竹バット推進プロジェクト委員会>
TEL:0985-83-3289 NPO宮崎スポーツ振興会内
URL:www.miyazaki-sports.com
メール送り先:宮崎スポーツ振興会HPの「お問い合わせ」よりお送りください。
担当:田中

<(有)ボールパークドットコム>
〒880-0051 宮崎市江平西1-5-11 江平ビル101
TEL:0985-83-3186 FAX:0985-83-3187
Email:info@japan-ballpark.com
URL:www.japan-ballpark.com
担当:武田


詳細はこちらへ、ダウンロードできます。===>> pdfファイル


Copyright© 2007 宮崎スポーツ振興会 All Rights Reserved.